ELNAへのご寄付は寄付金控除の対象となります

Pocket

こんにちは。ELNAの岩井です。年末になると、ふるさと納税の駆け込み需要も増えるそうです。ふるさと納税は税制優遇措置が受けられる制度ですが、ELNAへのご寄付も寄付金控除の対象として税制優遇措置が受けられます。

寄付金控除とは・・・

国や地方公共団体、特定の法人などに寄附をした場合!

確定申告を行うことで!

税金が戻ってくる制度のことです!

★対象となる団体は?

寄付金控除の対象となる団体があります。通常のNPO法人や一般財団法人・一般社団法人は対象とならないのです。ELNAは認定NPOなので、寄付金控除の対象団体です。

※最近話題の「ふるさと納税」も寄付金控除のひとつですが、各地の名産品が返礼品としてもらえたり、上限額の範囲内であれば自己負担額が2,000円となったり、他の寄付金控除とは違う仕組みがあります。

★どれぐらい税金が戻ってくるの?

寄付した全額が戻ってくるわけではなく、戻ってくる額を算出するための計算式がありますし、上限もあります。

たとえば、以下の例で、年収450万円の会社員の方でしたら、5万円を寄付すると、最大2万4千円が所得税還付として戻ってきます。

★手続きは?

ズバリ・・・確定申告です。すごく難しそうなイメージがありますが(私もありましたが)、国税庁の確定申告のページからどなたでも作成することができます。画面の案内に従って入力していくと書類が完成されますので、それほど難しくないという印象です。

書類はプリントアウトして郵送することもできますし、e-Taxではネット上で申告することも可能です(e-Taxはカードリーダーなど準備が必要です)。手続き方法の詳細は国税庁のサイトをご確認ください。

寄付金控除の制度は、皆様からのご寄付と言う善意にこたえるための、税制優遇措置です。ふるさと納税と比べると、返礼品もありますし、経済的にもお得です・・・しかし、各団体へのご寄付によって、社会や世界を良くすることができます(私も寄付はたまにしています^^)。自分の家計の経済的な効果以上にプラスになるものがあると感じています。

以上、寄付金控除とは?!でした!