代表メッセージ

ELNAは、ウミガメやクジラなどの海洋生物のフィールド調査を行っています。
これらの海洋生物と接していると、多くの生物は人の影響により減少し、絶滅の危機に瀕していることがわかってきます。
ある種の生物を絶滅から救おうとする場合、見逃してはならない観点があります。
いま世界で行われているウミガメ調査では、「人によるウミガメや卵の採取(捕食)」と「他の生物によるウミガメや卵の捕食」は、
別次元(カテゴリー)のものとして考えられているのです。
しかしELNAは、ウミガメや卵が食べられる「食害」として、両者を同じ次元で扱うことが重要だと考えています。
人による生物への多様な影響を他の生物同士の相互作用と同等に扱い、生物間で起きている生存競争の一要因として解明しなければ、現在の地球上の環境は守っていけません。
人を除外して考える俯瞰 的な観点(上から目線)からでは、共存や共生はありえないのです。
ELNAは人の影響も視野に入れて調査を行っています。
その調査結果をもとに生物の減少要因を特定し、それを取り除くことによって、
海がほんらい持っている自然回復力をサポートします。
そして、地域の人々と協働で、その生物を絶滅させない環境をつくり、その結果を広く社会に訴え、
人と海洋生物が共存共生できる社会を実現することを目標に活動をしています。