会長退任のご挨拶(菅沼弘行)

わたくし、菅沼は5月末で会長を退任することになりましたので、皆様にご報告いたします。長い間、お世話になりました。2002年に有志の方々にお集まりいただきELNAを立ち上げ、不肖ながら、今日まで会長を務めてまいりました。当初、実務は田中と2名でウミガメを絶滅させないために、13年間ただひたすら精進してまいりました。設立当時の副会長であられた中山さんが2013年に亡くなり、現在、新たな会員や理事の方の力で運営されております。若い職員も増え、私も含め8名になり、地に足が着いたしっかりとした組織に成長しております。今回、退任を決意したのは、ELNAと言う組織を根本から見直すためと、職員の後進に道を譲るためです。わたくし自身は、しばらくの間、好き勝手に、一個人のカメ屋としての最後の責務を果たしていきたいと思っております。新会長として、理事の中から大島典子さんが互選され、6月1日から就任されます。これまでELNAを支えていただいた皆様に、更なるご指導とご鞭撻をお願いいたしたく、お願い申し上げます。


Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.