スタッフ紹介

横浜事業所

常勤理事  菅沼 弘行
大学を卒業して、秘めた夢を見ながらチャンスを伺っていた。その夢を現実にしたのが小笠原でアオウミガメの増殖を行っているという新聞記事である。その数日後には小笠原行の父島丸に飛び乗り、ウミガメの世界に飛び込む。
続きを読む
アルバイトをしながら、東京都小笠原水産センターで行っていたアオウミガメの人工ふ化放流事業を手伝う。1977年のことであった。その後、財団法人の管理する小笠原海洋センターの職員としてウミガメと戯れる。小笠原に22年住むが、小笠原海洋センターの事業とインドネシア事業の掛け持ちが難しくなり、 インドネシアのタイマイ保全にすべてをかけ、1997年に居場所を東京に移す。孤軍奮闘500以上の島々を駆け回り、インドネシアのタイマイを追いかけまわす。1999年からは、事務局長の田中と二人でインドネシアにどっぷりとつかるが、財団法人が解散し、二人でエルナを立ち上げる。
小笠原やインドネシア以外にも、パラオのタイマイ調査、キューバのタイマイ調査やベトナムのウミガメ調査などに関わった結果、現場のデータがいかに重要かを知る。自然の状態が絶滅危惧種を絶滅させない唯一の力であることを、データから教わった。人は決して自然をコントロールできないのである。これが、エルナの今の活動概念の根底になっている。これまでに、環境省の専門委員、日本ウミガメ協議会の副会長、国際ウミガメ学会の理事などを務め、 人と絶滅危惧種の狭間を力強く歩んでいる。
→会長のコラム「ウミガメの独り言」はこちら
→会長メッセージはこちら
●IUCN・種の保存委員会ウミガメ専門委員(Hawksbill Task Forceメンバー)
所長  井ノ口 栄美
大学在学中に、念願だったクジラ調査をボランティアで体験できるという機会に恵まれた。この小笠原でのボランティア経験にて、“興味あることはその世界に入って体感すべき”ということを学び、オーストラリアでの熱帯雨林フィールド調査や地域
続きを読む
の森づくり活動やインタープリター研修、生物調査、養鶏所の業務体験、環境アセスメント会社でのバイトなど自然に関わる活動を進んで体験した。
大学卒業後は、自然食品と健康食品販売の仕事へ就く。これは自分にとって大切な存在である“人”と“自然”の両方のテーマを包括しているからである。この時の販売や接客の経験が、海洋生物保全を支援する為のELNAショップや会員様のフォロー、イベント出展、会計、広報に生かせている。また、小さい頃からイラストを描くのが好きだった為、簡単なデザイン業務もこなす。
ウミガメについては小笠原でのボランティアを重ねるたびに愛着を持つようになった。と同時にウミガメを食として利用することも理解したく、解体現場への訪問やウミガメ料理も食べた。この経験とインドネシアでの経験、日本国内の漁村訪問や世界各国のデータ閲覧を通して、食としてのウミガメという見方も違和感なく受け入れられるようになった。
現在、絶滅危惧種のタイマイという種を救う為、アジア最大繁殖地であるインドネシアでの活動担当者として働いているが、 目標としては種を守るということだけでなく地域の人達が大切な資源として利用できるくらいまで回復させたいと思い、活動に精を出している。
●IUCN・種の保存委員会ウミガメ専門委員
スタッフ  岩井 千尋
丸の内OL、子ども達に自然体験を提供する自然学校職員を経てELNAへ。小さいころからの夢であった野生生物の保全に関われる仕事とあって意気込んでいる。実際にリクガメを飼育したり、自他ともに認めるカメ好きであるが、ウミガメについてはまだまだ知識不足なので日々勉強中。横浜事業所では広報・事務を担当。たまにある調査補助、イベント出展がとても楽しい。

小笠原事業所

所長  若月 諒介
新卒で入社したのはフリーペーパーの営業職。次はデザイン事務所でデザイナー兼ディレクター職を経て、ELNAに転職。小笠原には来たこともなかったが、きっとおもしろいという根拠のない自信から移住を決める。海洋生物ともNPOとも全く接点がなかったが、異業種から転職してきた人間にしかできないことことを提案・実践できるよう心掛けて日々邁進中。
スタッフ  佐藤 隆行
大学在学中は精密機械工学を学ぶ傍ら、アイスホッケーとスクーバダイビングに力を注ぐ。在学中、ダイビングで通じて知り合った諸先輩方が小笠原の魅力を熱っぽく語るところを見聞きしたことで、自分も行ってみたいと思うようになる。
続きを読む
そして、大学卒業後に来訪することを決意。2005年、当初は短期滞在の予定だったのだが、ザトウクジラとウミガメとそこで活動する人々に魅了され、小笠原海洋センターボランティアとして約一年間父島に滞在。小笠原の生態系の脆弱さに触れ、経済活動と環境保全について考えるいい機会になった。
その後、美ら海水族館でのザトウクジラ調査員、ELNA調査補助員としてインドネシアでのオサガメ調査を経て、業務用・産業用加湿器メーカの営業として職を得る。 加湿という空調技術を利用して、人や物にとって良好な空気環境をつくるため、日々提案と営業に励む。夏期休暇を利用してホエールウォッチングやヨウスコウスナメリ生態調査に参加し、そこでフィールドワークとモニタリング調査の重要性を再認識。2011年7月に退職。現在は、2011年8月からELNA職員として主にフィールドワークとデータ処理を行っている。 インドネシア語を勉強中です。
スタッフ  森元 由佳里
ELNA の小笠原でのボランティア活動に参加したのがきっかけで、小笠原に移住し働くことになりました。 今まで海や海洋生物とは全く関わりのない人生を送ってきたので、毎日沢山の新しい発見があります。
続きを読む
大村海岸の夜間モニタリング調査専属から始まって、今ではウミガメの産卵・孵化シーズン中にあちこちの海岸を駆け回る日々を送っています。 ザトウクジラ調査では、カメラマン等を務めています。よろしくおねがいします。
スタッフ  近藤 理美
オーストラリアの大学で海洋科学や環境マネージメントを学び、帰国後は海洋生物とは全く関係ない仕事をしていました。 海洋環境保全活動への思いが捨てきれず
続きを読む
転職活動をするなかでELNAに出会い入職し、気がつけば世界遺産の島小笠原まで来ていました。 調査技術を身につけるべく、ウミガメやクジラに振り回されながらも勉強の毎日です。どうぞよろしくお願いします。

館山(千葉県)出張所

事務長兼任  田中 真一
事務管理の統括のほか、千葉県南房総エリアにてウミガメの漂着・混獲調査を担当する。東京水産大学卒業、青年海外協力隊パナマ共和国OB。