インドネシアウミガメ保護島のオーナーになる

Pocket

インドネシアでのタイマイ保全プロジェクトを継続的に実施するために、セガマ・ブサール島の1区間オーナーを募集しています!

本島では97年末から保全活動を実施しており、開始8年目から産卵数が増加してきています。この島は、世界5大タイマイ繁殖地であるインドネシアの中で1,2位を争う産卵数を誇り、保全活動地として非常に重要な場所です。
活動を継続するため、1区間島オーナーとして是非ご支援をお願い致します。

寄付金額 年12,000円(または毎月¥1,000~×1年間は継続:クレジット決済)

タイマイ保全活動について詳しくはこちら→「タイマイを守る

“島オーナー”にお申込みいただいた方には、

●申込翌月から1年間、島内の1区間のオーナーとして登録(区間は当団体で選定)
●また、オーナー証(jpg画像)をお送りするほか、
●区間内での産卵状況を年2回ご報告します。
注:島の実際のオーナーになることはできませんので、ご注意ください。

申込方法

・クレジット決済

・銀行振込
登録に必要な下記情報をinfo@elna.or.jpへお送りください。
・氏名
・住所
・電話(任意)

振込先
■横浜銀行 六角橋支店 普通預金 1513794
特定非営利活動法人エバーラスティング・ネイチャー 代表理事 大島典子
■三菱UFJ銀行 横浜白楽支店 普通預金 3916425
特定非営利活動法人エバーラスティング・ネイチャー 代表理事 大島典子
■ゆうちょ銀行 記号:10160 番号:52191201 (〇一八 店(ゼロイチハチ店) 5219120)
エバーラスティング・ネイチャー

◆寄付金控除
本会費は、寄付金控除の対象となります。毎年1月頃に前年の寄付額を合算し、寄付金受領証明書をELNAから発行いたします。オンライン寄付サイト「GIVE ONE」から申し込まれた場合は、「GIVE ONE」から寄付金受領証明書が発行されます。

また、法人申し込みも受け付けておりますので、ご質問等ありましたら、遠慮なくご連絡下さい。

オーナー証2
オーナー証1

島オーナー証1
オーナー証2

セガマ・ブサール島の区間マップ
セガマ・ブサール島の区間マップ

※注:インドネシアでは国籍を持たない人や団体が土地を所有する事は不可能であるため、当団体では現地NGOを代理人としてセガマ・ブサール島を借り上げています。
当プロジェクトでは便宜上 “オーナー”という言葉を使用していますが、実際の所有権を得られるわけではありません。

セガマ・ブサール島での活動

ELNAがこの島を借り上げることにより卵の採取権を得て、盗掘からウミガメ卵の保護をしています。(自然に産卵された卵を、自然のままふ化させ、海へかえしています)
卵の監視員を雇い、監視員からは毎月産卵の記録を送ってもらいます。調査スタッフが年に数回現地を訪問して、ふ化後の巣を掘り返し“何匹の赤ちゃんガメが海へ旅立ったのか”、”なぜふ化できなかったのか”を継続的にモニタリング調査しています。
現在は、活動開始当初の約10倍まで個体数を回復させることに成功し、毎年安定して子孫を海へ帰すことができています。
▶セガマ・ブサール島の詳細はこちら

島オーナーになって頂いている皆様からのメッセージ

■水産会社勤務 Tさん

「 一番少ない金額でスタートし、少額ながら毎月コツコツ寄付を続けて今年で10年目に突入しました。
当初は「こんな少額でいいのかな?実際、役に立つのかな?」と不安でしたが、私が支援した区画から旅立った稚ガメは累計5万匹を越え、島全体でもタイマイの産卵数は増えてきています。大きな成果につながったことは本当にうれしく思いますし、スタッフの方から「支援者がいるから活動が継続できる」と言ってもらえて、実際に応援は力になるんだと実感しました。 」
※全文はコチラ▶https://www.elna.or.jp/owner-message-t/

■東京海洋大学うみがめ研究会OB Mさん

「ウミガメを取り巻く環境(砂浜などの自然環境はもちろん、ウミガメで生計を立てているヒトも含む)を丸ごと守ろうとしている団体を、私はELNA以外に知りません。まさに「保全 / 全てを保つ」を体現したような活動であると考えています。」
※全文はコチラ▶https://www.elna.or.jp/owner-message-m/

bannar-omc
bn-yahoobokin2014
bn-ownersegama
PAGE TOP