小笠原の唄うたいokeiさん、ウミガメ保全大使就任!

Pocket

こんにちは。ELNAの岩井です。日頃からtwitterやfacebookやイベントなどでELNAの活動やウミガメのことを広報しております。しかし、もっともっといろいろな人にウミガメのことを知って欲しい!

という想いから・・・

この度、絶滅危惧種であるウミガメや海洋生物保全の必要性を広くPRし!当団体の活動の知名度及びイメージの向上を図るため!

ELNAでは「ウミガメ保全大使」制度を設置しました。

そして、この度、ウミガメ保全大使として、小笠原の唄うたいとして活躍中のokeiさんが任命されました!okeiさんの歌声はとっても心地良く、聴いていると思わずうっとり♪とっても素敵な方です♪

すでにokeiさんには、ウミガメ保全大使として活動していただいていましたが、改めて、2018年6月1日より制度化しました。

2018年7月 小笠原事業所で任命書をお渡ししました。

ELNA、okeiさん共々、これからもよろしくお願いいたします!

***********************

okei(オケイ)

小笠原古謡唄うたい。

透明感あふれる唄声とウクレレの音色は聴く人の心を癒す。平成29年3月小笠原村母島観光大使就任。3代目おがさわら丸進水式にて国家独唱の大役を果たす。東京諸島のイベント・ラジオなどに出演、精力的に活動中。

 

okeiさんより、ウミガメ保全大使としてのメッセージ♪

ウミガメが絶滅の危機ということ。。。実際、小笠原に住んでいる時には全く知らなかった事です。
エルナのスタッフさんと知り合い、ウミガメの危機的状況を知る事となりました。
私にとってとても身近な存在のウミガメ。小笠原は国内でも最大の繁殖地です。産卵に立ち会えたり孵化した子ガメに海で遭遇することがたくさんあります。孵化した子ガメが道路に出てしまわないか、産卵で上陸した母ガメが交通事故に遭わないか・・・など、まずは個人でも出来るウミガメを守る意識を持っていただけるように小笠原に限らず色々な場所で発信していきたいと思っています。そして内地でも保全活動に参加出来るようにSNSなどを通じてたくさんの方に知っていただく活動もしていきたいと思います。

***********************