segamabesar

セガマ・ブサール島タイマイ保全プロジェクト

ジャワ海最大のタイマイ産卵地

ジャカルタの沖合い北北西約50kmに広がるスリブ諸島(P.P.Seribu)、その北西約70km(ジャカルタから北北西へ約130km)にセガマ諸島はあります。セガマ諸島は大小2つの島で構成され、その大きなほうがセガマ・ブサール島です。周囲約1.4km、島には灯台があり、それを管理する3~5名の職員が交代で常駐する以外に住民はいません。このセガマ・ブサール島では年間500~600巣のタイマイ産卵巣が確認でき、この一帯では最大かつ唯一のタイマイ産卵地となっています。

増加傾向に転じたタイマイ産卵数

セガマ・ブサール島での活動は、1997年12月に灯台職員と監視員契約を結び開始しました。1998年8月からは島を借上げ、2013年の3回目の契約更新を経て2018年7月までの使用権を獲得しています。 産卵巣数のモニタリング調査を実施すると同時に、卵の買上げと監視を行っており、産卵された卵は採取されることなく自然ふ化しています。

======================
セガマ・ブサール島の活動を支える、島オーナーを募集中!
詳しくはコチラをご覧ください