ウミガメの産卵シーズンに関してのお願い@小笠原

Pocket

産卵シーズンの開始にあたり、お願いがあります!

小笠原では、人がすぐに見学に行けるところで産卵を見ることができます。砂浜はとても真っ暗なので足元にご注意ください。

①ライトを使う場合、ウミガメには当てないようにお願いします。とはいっても真っ暗で危ないので使う際には自分の足元だけを照らすようご協力お願いします!すごく目がいいのでライトなくても見えるよって方はライトなしにご協力くださいm(__)m
お母さんガメはとっても敏感なので、ライトやカメラのフラッシュを使ってしまうとびっくりして穴を掘ったのに産卵せずに海に帰ってしまうこともあります。

②もしウミガメに遭遇したらカメの視界に入らないところで静かに見守って下さい!※ウミガメが掘る砂に紛れてサンゴなどが飛んできます。痛いです。

③波打ち際にご注意ください!上陸の際、ウミガメは砂浜で動くもの(生き物や光など)がないかを見ています。波打ち際を歩いたり、ライトを海に向けてしまうのも上陸せずに帰ってしまうかもれません。
多くのみなさまにウミガメの産卵を観察していただけますように、またウミガメが無事に産卵して海に帰れますように、ご協力の程、宜しくお願いしますm(__)m

また、道路や駐車場など、海に帰れなくて困っていそうなお母さんガメを見かけた場合は昼夜問わず海洋センターまでご連絡下さい!

迷走連絡はこちらまで
8:00~17:00 (04998-2-2830)
それ以外の時間  (090-1461-3171)

関連記事

  1. 【読売新聞】ELNA小笠原事業所が取材を受けました
  2. 小笠原の近況
  3. 小笠原海洋センターはふ化シーズン終盤
  4. 小笠原アオウミガメ旅たちの時・・・
  5. 調査での一場面
  6. ドローンで上から見てみると(小笠原)
  7. アオウミガメ産卵巣脱出の映像配信を開始
  8. 絶滅危惧種アオウミガメ保全活動報告2019(伊藤忠商事(株)様ご…
PAGE TOP