小笠原海洋センターは夏本番!

Pocket

小笠原諸島は、内地から1,000km離れた場所にある自然が美しい島々です。

そこに小笠原海洋センターという施設があり、エバーラスティング・ネイチャーが管理・運営をおこなっています。

7月~9月頃にかけてがアオウミガメのふ化シーズンです。今年もかわいいアオウミガメの赤ちゃんがたくさん生まれています。お眠りタイムです・・・

アルバイトさん、ボランティアさんの力を借りながら、ウミガメの調査・保全活動、普及啓発活動をしています。海洋センタースタッフだけではとても手が回りません(特に夏のウミガメシーズン)!ボランティアさんはなくてはならない存在です!

写真は、飼育しているウミガメ達の体のお掃除の様子。

産卵シーズンには、お母さんガメの迷走対応もします。

川に入り込んでしまったお母さんガメ。けっこう上流まで来ていたそうです。あれ?海まで遠いな?どこだろう?海を探しているつもりが、どんどん側の上流へ向かっていたそうです。確かに、この状況では、ウミガメからしたらどちらが海かわからないですよね・・・

緊急出動したスタッフの大久保!お母さんガメと一緒に川に入り、30分ほどかけて海まで誘導をしました。良かった良かった~!

 

 

 

関連記事

  1. 海洋プラスチックゴミに絡まったウミガメを保護@小笠原
  2. 小笠原アオウミガメ旅たちの時・・・
  3. プスムット島の近況(2021年)
  4. アオウミガメ産卵巣脱出の映像配信を開始
  5. 【読売新聞】ELNA小笠原事業所が取材を受けました
  6. 小笠原海洋センターはふ化シーズン終盤
  7. 期待の星、探巣犬プロジェクト!
  8. プナンブン島の近況(2021年)
PAGE TOP