ウミガメレスキュー@小笠原

Pocket

今日は南島で産卵調査・・・のはずでした。

島に上陸し、早速卵を探そうと意気込んでいた時、近くのクサトベラから物音が。大きなお母さんガメが挟まって動けなくなっていました。

暑さで弱らないように海水をかけながら、100kgは超えているであろう巨体を試行錯誤して動かしました。山を下っていたのでなおさら大変。

海岸へ着くと、最後は自分の肢で海へと帰って行きました。全身ヘトヘトになりましたが、無事でよかったです。

※一緒に救助のサポートをして頂いた方々には大変感謝しております。本当にありがとうございました。

関連記事

  1. 期待の星、探巣犬プロジェクト!
  2. 【読売新聞】ELNA小笠原事業所が取材を受けました
  3. 7月のある日の母ガメの迷走・・・
  4. 小笠原アオウミガメ旅たちの時・・・
  5. 小笠原海洋センターのふ化率調査
  6. 小笠原の近況
  7. アオウミガメ産卵巣脱出の映像配信を開始
  8. 海洋プラスチックゴミに絡まったウミガメを保護@小笠原
PAGE TOP