第35回国際ウミガメシンポジウム、トルコのダラマンで開催

Pocket

2014年にニューオリンズで開催された第34回国際ウミガメシンポジウムでの発表

2014年に米国のニューオリンズで開催された、第34回国際ウミガメシンポジウムでの発表。ELNAのウミガメ保全活動を紹介しました。

トルコのダラマンで第35回国際ウミガメシンポジウムが、明日から開催されます。今夜の飛行機で、小笠原事業所の近藤と出発します。あちらの最新状況をお知らせします。それでは、行ってきます。

今回は、インド洋-東南アジア地域でのワークショップで移植についての話と、昨年に引き続き、小笠原の発表をします。小笠原のアオウミガメの100年以上にわたる、ウミガメの捕獲数、人工ふ化稚ガメ放流数、自然ふ化数との関連をポスター発表します。これまで、ウミガメの資源動向を調べるのに、この3つを要素にした研究は、世界初です。

関連記事

  1. 国際ウミガメ会議in神戸のご報告
  2. 国際ウミガメシンポジウム@アメリカご報告
  3. 日本ウミガメ会議2016@室戸
  4. 新スタッフ~日本ウミガメ会議へ出張
  5. 第35回国際ウミガメシンポジウム~現地レポート~
  6. 国際ウミガメ会議 in JAPAN!【申込迫る】
PAGE TOP