殺鼠剤のアオウミガメへの影響に関する論文

Pocket

「殺鼠剤が小笠原のアオウミガメに与える影響」に関する論文が発表されました。

ELNAの北山が共同研究として携わりました。哺乳類に比べて、殺鼠剤の薬がアオウミガメの体内に長く体内にとどまることがわかりました。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0166445X21000515

関連記事

  1. 写真によるウミガメの個体識別は異なる環境下でも正確か?(論文)
  2. 小笠原のアオウミガメの体内にいる寄生虫に関する論文
  3. 『海洋と生物』にマイクロプラスチックに関する記事掲載
  4. アラフラ海の索餌地域でのヒメウミガメの高水温海域における長期潜水…
  5. 伊豆諸島プロジェクト~御蔵島編~
  6. ウミガメの鼻腔内に3つの嗅覚受容機構を発見 ~空気中と水中のにお…
  7. アオウミガメのメスは精子を体内で保存できる
PAGE TOP