『海洋と生物』にマイクロプラスチックに関する記事掲載

Pocket

ELNAは2019年よりウミガメと海洋ゴミの関係について調査をしています。

2019年は、ウミガメ10検体の糞をサンプルとして採取し、マイクロプラスチックの摂取状況を分析しました。(その際の分析結果はコチラ

そして、この度、『海洋と生物』第42巻5号にマイクロプラスチック摂取状況の初報告が掲載されました。

まずは。地球環境基金さんの助成を受けて、2021年まで引き続きウミガメのマイクロプラスチックの摂取状況について調査を進めていく予定です。また結果が出ましたらご報告させていただきたいと思います。

関連記事

  1. 殺鼠剤のアオウミガメへの影響に関する論文
  2. 伊豆諸島プロジェクト~御蔵島編~
  3. 写真によるウミガメの個体識別は異なる環境下でも正確か?(論文)
  4. ウミガメの鼻腔内に3つの嗅覚受容機構を発見 ~空気中と水中のにお…
  5. アラフラ海の索餌地域でのヒメウミガメの高水温海域における長期潜水…
  6. アオウミガメのメスは精子を体内で保存できる
  7. 小笠原のアオウミガメの体内にいる寄生虫に関する論文
PAGE TOP