『海洋と生物』にマイクロプラスチックに関する記事掲載

Pocket

ELNAは2019年よりウミガメと海洋ゴミの関係について調査をしています。

2019年は、ウミガメ10検体の糞をサンプルとして採取し、マイクロプラスチックの摂取状況を分析しました。(その際の分析結果はコチラ

そして、この度、『海洋と生物』第42巻5号にマイクロプラスチック摂取状況の初報告が掲載されました。

まずは。地球環境基金さんの助成を受けて、2021年まで引き続きウミガメのマイクロプラスチックの摂取状況について調査を進めていく予定です。また結果が出ましたらご報告させていただきたいと思います。

関連記事

  1. ヨコハマおもしろ水族館の子ガメ達
  2. 小笠原の唄うたいokeiさん、ウミガメ保全大使就任!
  3. 会長交代のお知らせ
  4. ハチドリ電力スタート!
  5. Lifetime Achievement Award(特別功労賞…
  6. 殺鼠剤のアオウミガメへの影響に関する論文
  7. ウミガメを守るため、私たちにできる10のこと
  8. ウミガメの鼻腔内に3つの嗅覚受容機構を発見 ~空気中と水中のにお…
PAGE TOP