【珍】子ガメ生きてました

Pocket

「アカ(ウミガメ)の子ガメが茅ケ崎で打ちあがっていて、生きているらしいんですけど!」

・・・小笠原のスタッフから電話をもらい、珍しい出来事に慌ててしまいました。。。

茅ヶ崎に漂着したアカの子

瀕死状態で茅ヶ崎海岸に打ちあがった子ガメ(推定1歳)
北太平洋では日本でしか産卵しないアカウミガメの子です。
日本の海岸で生まれて、旅立って、、、普通は沖で過ごすはず…のところ黒潮に乗れずに留まってしまっていたのでしょうか?このサイズのアカウミガメが見つかるのはとても珍しいです。

フジツボびっしりです。
弱ってあまり動かないでいたのでしょう。。。


持ち上げてもグッタリ。。。
目までフジツボが付いている。。

だいぶ弱っていたので、新江ノ島水族館に運搬し、元気になるまで保護してもらうことになりました。
新江ノ島水族館さんありががとうございます。よろしくお願いします!
瀕死状態を発見&保護してくれたMさん、カメ運搬を手伝ってくださったAさんご夫妻、ご協力誠にありがとうございました!

関連記事

  1. 2014年7-10月のストランディング調査
  2. ウミガメはマイクロプラスチックを摂取しているのか?
  3. ウミガメ漂着個体と海洋ゴミの調査2019年度
  4. 珍亀②~クロウミガメの雑種??!
  5. ウミガメ漂着個体の調査in横須賀
  6. 新スタッフ~はじめての調査の感想
  7. 珍亀、その後。。。
  8. 【珍亀】旅立ちのとき

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 8月 08日
    トラックバック:珍亀、その後。。。 | ELNA
  2. 2017年 9月 25日
    トラックバック:【珍亀】旅立ちのとき | ELNA
PAGE TOP