【珍亀】旅立ちのとき

シリーズ化した、珍亀(ELNAホームページ内で)。
みなさん、覚えていますでしょうか?

そうです、7月に茅ヶ崎で生きて漂着した子ガメ。新江ノ島水族館へ運びこみ、8月にその後の経過もお伝えしました。

そんな珍亀が、すこぶる元気に回復したのでついに自然界へと帰ることになりました!

相模湾は定置網が多いので、引っかからないようにということで漁師さんご協力のもと漁船で沖に運んでから放流するという連絡をいただき、江の島漁港にて見送りすることになりました。
珍亀発見者や珍亀運びを手伝っていただいた方々に声をかけ、いざ当日。。。

さてさて、あの珍亀がどんなふうになったのか・・・?

あのころの珍亀

保護された時の状態1

そして久々のご対面!


えっ!誰??でかっ!頭でかっ(首太くなったから?)!

保護された時の状態2


フジツボ全部取れてる!

目も見えるようになった!
しかもハッキリ言ってかわいい!w

・・・というわけで、なかなか見られないサイズのアカウミガメなのでちょっくらジックリ観察させていただきまして、、、
(あの頃は相当臭かったですが、今は平気にw)

みんなでお見送りしました。

もう1匹、瀕死状態で保護されて今は回復したという先輩アオウミガメと一緒に漁船に乗っていきました。

そして出航!

元気で生きろよ~!

・・・その後、新江ノ島水族館の方によると珍亀も先輩ガメもあっという間に船から離れて見えなくなったそうです。
またいつか、元気な姿を見せて欲しいものです。

今回、新江ノ島水族館さんはじめ亀発見・搬送・見送りと、珍亀に関してご協力頂いた皆様まことにありがとうございました!

◆珍亀シリーズ1 :【珍】子ガメ生きてました
◆珍亀シリーズ2 : 珍亀、その後。。。
========
ウミガメ保全活動には、少しでも多くの方のご協力が必要です。
是非あなたにできるご支援をよろしくお願いします。→応援する