地球に感謝する日♪アースデイ出展報告

ようやく暖かくなってきましたね!今年はイベントに出展する回数を増やそうと計画中のELNAの岩井です。

さて、4月22・23日で「アースデイ東京2017」に出展してきましたので、ご報告です。

土曜日は曇りでしたが、日曜日は暑いぐらいの快晴!多くの来場者で代々木公園は大賑わいでした。

どこを見ても人!人!人!前に進むのが大変なぐらいでした。

会場では、オーガニックな食べ物や手作りの洋服が販売されていたり、ELNAのような環境関連の団体も多数出展していました。

ELNAのブースでは、パネルでの活動PRとグッズの販売を行いました。

会員さん、元ボランティアの方など、ELNAに関わりのある方に再会という嬉しい1コマもありました。

また、ELNAは知らないけれど、小笠原に行ったことがある!という方、海洋生物に興味がある!という学生さん、全くウミガメについて知らない方にも、ウミガメの現状やELNAについて知ってもらうことができました。

熱心に話を聞いてくれた中学生の女の子は、小笠原でのボランティア募集のポスターを見て「大学生になったら(ELNAを)思い出します!」と言ってくれました。もし、ふと思い出して本当に小笠原に来てくれたら嬉しいです♪

ELNAブースに来た方々が一番興味津々だったのは・・・

ウミガメTシャツ・・・よりも・・・

ウミガメのポスター・・・よりも・・・

   骨!!!!!  でした。

道を歩く子ども達が骨を見て駆け寄ってきたり、ウミガメ(骨)の頭を優しく頭をなでなでしてあげる様子はかわいらしかったです。

ウミガメ最大種のオサガメの骨はとにかく大きくて、大人の人もびっくりしていました。

あるお父さんがオサガメの骨を見て

「ウミガメだからかな。骨なのに怖くないね。優しそうな顔をしているね」

・・・と子どもに話をしているのが印象的でした。

「どう・・・?優しそうな顔でしょ?!」

グッズの売上と、募金はウミガメ保全に活用させいただきます。ありがとうございます!

ぜひまたイベントでお会いしましょう!お待ちしております!