kimar

キマル島タイマイ保全プロジェクト

海賊に占領されたタイマイ産卵地でプロジェクト再開!

1999年2月にタイマイ保全プロジェクトを開始したキマル島(ブリトン島/ジャカルタの北北東約300km/の西約30km)は、同年5月頃から海賊が来はじめ、12月の島所有者(卵の監視員)の死去を発端に海賊がこの島を完全に占拠するようになり、プロジェクト中断を余儀なくされていました。その後は状況を静観していましたが、2006年5月に再度調査を行った結果、海賊が島を去ったとの情報と痕跡を確認できたため、2007年3月よりプロジェクトを再開しました。岩礁域やマングローブ帯に囲まれた周囲約4kmのキマル島には人の居住はなく、4つの小さな砂浜が点在するだけですが、2000年当時で年間300~400巣のタイマイ産卵巣が確認されています。インドネシアではもちろん、世界でも貴重なタイマイ産卵地の1つとなっています。

島の借り上げと卵の監視

島所有者(故人の妻)との合意により、プロジェクト実施のために島を借り上げることが可能となりました。また、監視小屋や井戸などの生活インフラを整備することでスタッフを配置できるようになり、卵を近隣住民による採取から守るための監視や産卵巣数のモニタリングを開始しています(プロジェクトを中断していた約6年間は、ほとんどの卵が採取されていたと推測されます)。2000年当時で年間300~400巣あったタイマイ産卵巣数は、現在も同水準で推移しています。