資源管理

column-dawn-6

タイマイ(No.6)

タイマイという「言葉」には、奇妙な響きを感じる。僕の人生はタイマイとアオウミガメという二つの言葉を引きずっている。最近は…

タイマイについて思うこと(No.12)

べっ甲という言葉が僕の頭の中から消えて久しい。日本はよその国からほしいだけ輸入して後は知らん顔、だから僕はインドネシアで…

いったい何のために(No.13)

2005年8月21日にインドネシアに行った。オサガメ調査をするためにパプア州のソロンに入ったのは24日だった。そしてジャ…

時代の中の保護活動と責任(No.19)

ウミガメばかりではなく、野生の動植物に関してもそうだけど、保護というと現場でその対象を守ることが最も重要な活動であると思…

自然保護ってなんだろう(No.24)

最近、ますます不可解になってきたことがある。それは「自然保護」という言葉である。かつて僕は極力その言葉を使わないようにし…

ウミガメの仕事~僕らにはパワーが必要だ~(No.26)

まだ僕が20代の頃、小笠原には電話が3回線しかなく、島から電話するには申し込みが必要だった。普通でも30分や40分待ちは…

僕たちがやるべきこと(No.30)

今年は、日本のあちこちでカメの上陸が増えたという話を聞く。ニュースや新聞でも、保護の成果として謳っている。それはそれで喜…

PAGE TOP