オサガメ

ウミガメの口の形のヒミツ

ウミガメの骨格の構造を知ることで、ウミガメの生態が見えてきます。今回は、口の形のヒミツにせまります!◆ウミガメの骨格…

オサガメはなぜ減ったか

僕個人としては、これはあまり書きたくないテーマである。2004年科学雑誌「Nature」にメキシコとコスタリカのオサガメ…

直感を信じる

5月26日から6月27日までの33日間、インドネシアに行ってきた。パプアのオサガメとジャワ海のタイマイでほぼ2週間ずつの…

呪われた海岸、オサガメはどこへ行く

1月のインドネシア調査で、3年ぶりにウェルモン海岸に入った。この経緯については、昔も書いたけど、改めて振り返ろう。201…

オサガメ産卵地までの7日間と電気柵

昨日の早朝(11月18日)、インドネシア調査から戻りました。今回は11月6日、水曜日に出発したので2週間にも満たない短い…

現場にいれば、見えない部分が見えてくる②

オサガメは他のウミガメと違い、その産ワニに食われたオサガメ卵行動に予測つかない。僕らは、小笠原でも、ジャワ海でも、パプア…

mubrani

ムブラニ地区オサガメ保全プロジェクト

バードヘッド半島第3のオサガメ産卵地ムブラニ地区(Mubrani)は西パプア州の州都マノクワリの西約70㎞に位置しま…

wermon

ウェルモン地区オサガメ保全プロジェクト

産卵シーズンが違うオサガメ産卵地ウェルモン地区(Wermon)はニューギニア島北西部、ジャムルスバメディ(Jamur…

jamursbamedi

ジャムルスバメディ地区オサガメ保全プロジェクト

減少傾向にあるオサガメ産卵巣数ジャムルスバメディ(Jamursbamedi)地区は、バードヘッド半島の北部(頭頂部)…

現場にいれば、見えない部分が見えてくる①

インドネシア西パプア州のウェルモン地区で面白い現象が起きている。その前に説明をしておかなくてはならない。パプアの主要なオ…

さらに記事を表示する
PAGE TOP